• ホーム
  • 業務改善ガイド
  • 【2024年】働き方改革関連法 業種別解説記事をひとまとめ!(医師・建設・運送・学校)

業務改善ガイド

【2024年】働き方改革関連法 業種別解説記事をひとまとめ!(医師・建設・運送・学校)

公開日時:2022.06.23 / 更新日時:2022.06.29

2019年から順次施行開始した働き方改革関連法により、長時間労働の規制や休暇取得の義務化など労働環境の是正が広まってきています。その中で、これから法整備の対象となる企業や業種もあります。 本記事では、『タヨロウ』の働き方改革関連記事の中から、医師や建設業、運送業など、これから法改正の多少となる業種を中心に解説している記事をピックアップしてご紹介します。

2024年開始予定

「医師の働き方改革」とは? 制度内容と対策について解説

2024年4月から開始予定の「医師の働き方改革」では、「勤務医の時間外労働の年間上限は原則960時間とする」「連続勤務時間制限、長時間勤務医師の面接指導などで、勤務医の健康確保を目指す」など、医師の労働時間に関する取り決めを中心として、医師の働き方の適正化に向けた取り組みが実行される予定です。

建設業の働き方改革で変わることは? 取り組みを進める上での注意点も解説

建設業では、2024年4月1日から罰則付きの時間外労働の上限規制が適用されます。上限規制の時間は月45時間、年360時間です。臨時的な特別な事情がある場合でも、単月で100時間未満、複数月平均80時間以内、年720時間以内に収める必要があります。

運送業の働き方改革で変わることは? 取り組みを進める上での注意点も解説

2024年の時間外労働の上限規制適用に向けて、運送業者が取り組むべきことは多岐に渡ります。「トラック運送業界の働き方改革実現に向けたアクションプラン」には、運送業が取り組むべき項目として「労働生産性の向上」「運送業者の経営改善」「適正取引の推進」「多様な人材の確保・育成」の4つが挙げられています。

法的な施行時期が設けられていない業種

教員の働き方改革とは? 進め方や勤怠管理の改善方法などを解説

過重労働が問題視されている教師の労働環境。教員の働き方改革が必要な理由や教員の労働時間が減らない原因を解説し、教員の働き方改革を進める方法や勤怠管理の改善方法を紹介します。実際に教員の働き方改革を実現した学校の事例も紹介します。

アマノが提案する業種・課題別お悩み改善

 

アマノでは、医師や建築業のほか、製造業、小売業など様々な業種の企業へ向けた人事・労務に関する課題解決を行っています。

関連記事

あらゆる業態・業種の勤怠管理課題を解決する

GUIDE

勤怠管理のパイオニア「AMANO」のノウハウをぎゅっと凝縮してお届けします!

01基礎知識

勤怠管理の意義と
重要性

02選び方

勤怠管理システム
選び方の基本

03実践編

勤怠管理システム
導入のポイント

全てを1つの資料にまとめた総集編「勤怠管理の選び方完全ガイド」無料配布中!