保守契約者専用ページ

ログイン

【官公庁・公共機関向け】勤怠管理のお悩み改善

【官公庁・公共機関向け】勤怠管理のお悩み改善

【無料DL】官公庁・公共機関向け
勤怠管理システムの選び方

「働き方改革」の取り組みが進む中、官庁(省庁)や自治体、学校などをはじめとする公共・行政機関も長時間労働が問題視されています。
本資料では、公共・行政機関における勤怠管理の現状や解決するための方法を解説します。
【資料ダウンロード】
官公庁・公共機関向け 勤怠管理システムの選び方

自己申告で出退時刻を記録しているため信憑性が薄い

多くの自治体や公共機関では、未だに紙の出勤簿で出退勤のみを記録しているところも少なくありません。こうした勤怠管理方法では、客観的な労働時間記録ができていないとみなされ、万が一訴訟問題に発生した場合、自己申告による時刻記録は信憑性が薄いと判断されるケースも多く、客観的時刻記録による管理と 比較し労務リスクの高い管理手法と言えます。

客観的時刻記録を実現するための第一歩

自己申告でのみ労働時間を管理している場合、過重労働や未払いの超勤で隠れたリスクが発生していても気付けないケースが多くあります。
万が一訴訟問題に発生した場合、自己申告による時刻記録は信憑性が薄いと判断されるケースも多く、客観的時刻記録による管理と比較し労務リスクの高い管理手法と言えます。

タイムカードやICカード等で出退勤時刻を記録しているが集計がアナログ

タイムカードやICカード等で出退勤時刻を残しておくことで客観的な労働時間計測は達成しています。しかし、労務リスクを未然に防ぐためには超勤時間や過重労働の把握、休暇管理を徹底しなければなりません。それには勤怠状況を集計した上で確認する必要があ りますが、アナログの集計方法では集計作業に時間がかかってしまったり、集計時のロスやミスが生じやすくなります。

この場合、法令遵守のための長時間労働や過重労働を早期発見し、防止する対策を講じる必要があります。

長時間労働や過重労働を早期発見するために

“庶務事務システム”または“校務システム”で勤怠管理をしている

“庶務事務システム” または “校務システム” で打刻をしていると、自治体によって定時前にPCを起動する事が“業務”とされることも あるため、組合による反対の声が挙がる可能性があります。

→結果的に、出退勤記録を記録できない言い訳ができ、遅刻をごまかすことができてしまう

専用のシステムに対応したカードリーダーを選定

マイナンバーカードでタイムレコーダーを打刻させたい

昨今、各自治体にはマイナンバーカードの積極的な利活用が求められています。そこで比較的手軽に始められるマイナンバーカードでタイムレコーダーを打刻したいという要望が増加しています。

アマノタイムレコーダーはマイナンバーカードの読取りに対応(カスタマイズ対応)

マイナンバーカードとFeliCaやMIFAREカードなど複数のICカードを利用する方が混在していても問題ありません。
マイナンバーカードを利用したくない職員がいても安心。また今すぐマイナンバーカードを利用する訳ではないが、”将来に備えて導入”を検討も可能です。

アマノが公共・行政の勤怠管理に強い理由

トップメーカーとして80年以上タイムレコーダーを製造し続けています。

安心・信頼のアマノだからこそ自治体でご採用いただいています。

多様な業種別
勤怠管理システム活用事例を
無料公開中!

官公庁・公共機関向け  勤怠管理システムの選び方- よくある「お困りごと」から解説 -

官公庁・公共機関向け 勤怠管理システムの選び方
- よくある「お困りごと」から解説 -

官公庁・公共機関の勤怠管理における課題と解決方法をステップごとに解説しています。また、実際にアマノの製品を導入した自治体様の成功事例をご紹介しています。勤怠管理スキームに課題をお持ちの方はもちろん、どのサービスを選べば分からないとお悩みの方にも役立つノウハウが盛りだくさんです。ぜひご活用ください。

官公庁・公共機関向け 勤怠管理システムの選び方
- よくある「お困りごと」から解説 -無料配布中です
カタログ
無料配布中です

勤怠管理システムの導入事例

約400件もの機能要件を標準機能でカバー!「人に合わせる」システムを実現!
約400件もの機能要件を標準機能でカバー!「人に合わせる」システムを実現!

株式会社アイセイ薬局

1000名以上 調剤薬局 TimePro-VG

企業の特徴:
「地域のかかりつけ」として健康管理の身近なパートナーになれるよう、薬による治療のサポートだけではなく、予防や未病の段階からの健康サポート、健康相談や地域活動も推進。高齢者が住み慣れた地域でいつまでも安心して暮らし続けられるまちの実現に寄与すべく、多職種と連携し在宅医療対応などにも注力

コンテンツダウンロード

お問い合わせ窓口