【建設業向け】勤怠管理のお悩み改善

2024年の働き方改革に向けた
課題解決をご提案いたします

長時間労働が慢性化している建設業においても、2024年からは時間外労働の上限規制が適用されるようなります。また、2019年の4月より課された有給年5日の取得義務も守らなければなりません。人手不足が深刻な問題となっている多くの建設業は、若年の建設 従事者の確保・育成するためにも適切な勤怠管理を実施し、 労務課題を解決することが求められています。

建設業の勤怠管理
よくあるお悩み

建設現場の働き方改革への対応が分からない

厚生労働省の2020年度の毎月勤労統計調査によると、建設業の総実労働時間は164.7時間で、全産業平均よりも30時間以上多い結果でした。
年間の総実労働時間も全産業より300時間以上多く、長時間労働の傾向が見られます。2024年からは建設業でも時間外の上限規制の取り扱いがスタートしますが、「具体的に何をすべきか」を分かっていない労務担当者の方も少なくありません。

参照:厚生労働省|「時間外労働の上限規制わかりやすい解説」

参照:厚生労働省|「時間外労働の上限規制わかりやすい解説」

リアルタイムの時間管理で労働状況を「見える化」

どの現場からでもスマホで出退勤するなど、まずはリアルタイムで勤務状況の把握から始めましょう。

無料公開中!

資料でもっと詳しく解説

長時間労働を見過ごしてしまいがち

建設業の多くは月締め処理を行わなければ実際の労働状況を把握できず、月半ばでの対策を講じることができていません。気付かないうちに2024年4月から適応される時間外労働の上限規制の基準を超えてしまうリスクがあります。

よくあるケース

  1. 適正な工期設定や施工時期の平準化ができておらず、長時間労働が常態化している
  2. 紙などアナログで勤怠管理をしているため、月締め処理をしてはじめて長時間労働に気付く
  3. 長時間労働が常態化し、 従業員の健康が損なわれるだけでなく、若手従業員の確保が難しくなっている
長時間労働を早期発見するためにシステムがナビゲート

法改正内容を熟知しなくてもシステムがナビゲートしてくれるため、長時間労働を未然に防ぐことができます。


無料公開中!

資料でもっと詳しく解説

週休2日制にしたくてもシフト作成が難しい

日雇い派遣なども多い建設業では、週休2日(4週8休)が十分に実施されておらず、 建築工事においては約5割が4週4休で働いています。
国土交通省が総務省の「労働力調査」をもとに「建設業及び 建設工事従事者の現状」にまとめたデータでは、60代や40代に比べて20代の人材が極めて少ないことが示されています。建設業で多くの割合を占める団塊の世代の人材が大量離職することで、さらなる人材不足が懸念されており、若年の建設 従事者の確保と育成は建設業全体にとって喫緊の課題です。

出典:国土交通省|「建設業及び建設工事従事者の現状」

出典:国土交通省|「建設業及び建設工事従事者の現状」

週休2日の徹底で労働環境を整備

シフト作成時に週休2日が取れていないとエラーにするなどシステムのナビゲートで週休2日制を徹底させます。

無料公開中!

資料でもっと詳しく解説

休暇の管理ができていない

長時間労働の改善と合わせて 2019年の4月より課された有給年5日の取得義務も守らなければなりません。また、有給休暇だけでなく振休・育児介護休暇などさまざまな休暇が取得できる体制づくりも、建設業で人材確保のために早期解決が必要な課題です。

よくあるケース

  1. 休暇の制度はあるが、実際に取得している従業員がいない
  2. 半休・時間休暇など管理が大変なので導入できない
  3. 休暇の取得が促進されておらす、従業員不満につながり、若手従業員の確保が難しくなっている
さまざまな休暇に対応!未取得者もシステムがお知らせ

有給休暇の付与から取得まで自動で管理。次の現場までの間に連続して取得できる特別休暇など建設業独自の特別休暇や育児介護休暇にも対応できるため、職場環境の整備や労働条件の改善につながります。

無料公開中!

資料でもっと詳しく解説

多様な業種別 勤怠管理システム活用事例を無料公開中!

建設業向け 勤怠管理システム 選定のポイント -2024年の働き方改革に備える!-

建設業向け 勤怠管理システム 選定のポイント
-2024年の働き方改革に備える!-

建設業の勤怠管理でよくある課題をピックアップした資料です。
新たに勤怠管理システムの導入を検討している方はもちろん、勤怠管理に課題を抱えている現場の方にも役立つノウハウが盛りだくさんです。ぜひご活用ください。

建設業向け 勤怠管理システム 選定のポイント
-2024年の働き方改革に備える!-無料配布中です
カタログ
無料配布中です

建設業の導入事例

お問い合わせ窓口