【学校向け】勤怠管理のお悩み改善

【学校向け】勤怠管理のお悩み改善

【無料DL】学校向け
勤怠管理システムの選び方

昨今、教員の過重労働に関する問題が一層顕在化しており、各学校には「勤怠管理の改善」が求められています。本資料では、学校ならではの労務課題が起こり得る要因と、解決するための勤怠管理システム選びについて解説します。
【資料ダウンロード】
学校向け 勤怠管理システムの選び方

自己申告による出退時刻を記録しているため信憑性が薄い

多くの学校では、未だに紙の出勤簿や紙の申請書を利用しています。こうした勤怠管理方法では、客観的な労働時間記録ができていないとみなされ、万が一労務トラブルから訴訟問題に発生した場合、信憑性が薄いと判断されるケースが多く、 労務リスクの高い管理手法と言えます。また正確な労働実態の把握ができないため、気づかぬうちに過重労働・精神疾患による休職や最悪の場合過労死につながる可能性もあります。自ら見に行かなくてもシステムから労務リスクを逐一お知らせしてくれ

何から始めるべき?
客観的時刻記録を実現するための第一歩

客観的時刻記録を取得するためICカードで打刻をおこなうことからスタート。
最初から全てをシステム化するのではなく、現実を見てまずは出来るところから開始することも大切です。


多様な業種別
勤怠管理システム活用事例を無料公開中!

部活動など放課後・休日出勤の実態が把握できない

「部活動顧問の勤務実態が把握できない」という問題があります。部活動の時間については出勤簿での管理が徹底されておらず、特に運動部の顧問は早朝や放課後に加えて休日も対応するケースもあり、正確な時間管理が行えない状況にあります。そのため管理者が想定している以上に教員は休めていない状況が続いている可能性があります。

出典:日本教職組合「学校現場の働き方改革に関する意識調査」

出典:日本教職組合「学校現場の働き方改革に関する意識調査」

様々な働き方に対応できる柔軟性の高いシステムを選定

部活動や校外学習など、学校以外からの場所でも勤務時間を位置情報と共に記録。
部活動の実績をシステムに記録しておき、回数カウント。など・・・ 学校ならではの要件にも柔軟に対応できるようなシステムであることが重要です。

多様な業種別
勤怠管理システム活用事例を無料公開中!

労働時間の集計は手計算で大変!労務担当者の負担が大きい

今でも1名の担当者が月初に手集計で集計をおこなっている学校が多く、教職員への確認など多くの時間を集計に費やしています。アナログの集計方法では集計作業に時間がかかってしまったり、集計時のロスやミスが生じやすくなります。また、「在校時間」の集計だけでなく、時間外労働・年次有給休暇の管理や分析も行い、労務リスクへの対策を講じていきたいと考えている学校が増えています。

労働時間の集計にかかる時間を大幅削減

打刻と合わせて勤怠管理システムの導入で、集計から確認作業の時間を大幅に削減することができます。
また、集計したデータはExcelへの展開できるため、他の報告にも利用可能です。

多様な業種別
勤怠管理システム活用事例を無料公開中!

時間外労働をタイムリーに把握できず、長時間労働を見過ごしてしまいがち

学校の多くは月締め処理を行わなければ実際の労働状況を把握できず、月半ばでの対策を講じることができていません。気付かないうちに時間外を超過していたり、有給の取得ができていなかったなど労務リスクにつながる問題が発生していますが、実態の把握ができず、長時間労働の予兆に気づくことができていません。

よくあるケース

  1. 部活動の顧問、行事の準備と実施、保護者会、家庭訪問、PTA、会議…など業務が膨大で実態の把握ができていない
  2. 紙などアナログで勤怠管理をしているため、月締め処理をしてはじめて長時間労働に気付く
  3. 管理者が気付かぬ内に教員の過重労働が蔓延する環境になってしまっている
多忙な教員でも労務リスクにすぐに気づける仕組み

自ら見に行かなくてもシステムから労務リスクを逐一お知らせしてくれます。
やるべきことをシステムがナビゲートしてくれるため、誰でも迷わず正確なデータ把握が可能です。


多様な業種別
勤怠管理システム活用事例を無料公開中!

多様な業種別
勤怠管理システム活用事例を無料公開中!

学校業向け 勤怠管理システム選定のポイント

学校業向け 勤怠管理システム
選定のポイント

学校の勤怠管理でよくある課題をピックアップした資料です。
新たに勤怠管理システムの導入を検討している方はもちろん、管理に課題を抱えている現場の方にも役立つノウハウが盛りだ くさんです。 ぜひご活用ください。

学校業向け 勤怠管理システム
選定のポイント 無料配布中です
カタログ
無料配布中です

勤怠管理システムの導入事例

制度の異なる複数会社の勤務体制に柔軟に対応。2024年“建設業の働き方改革”にも準備万端
制度の異なる複数会社の勤務体制に柔軟に対応。2024年“建設業の働き方改革”にも準備万端

株式会社ヒノキヤグループ様

1000名以上 住宅、断熱材、不動産投資、リフォーム 建設業 TimePro-VG

事業内容:
注文住宅、戸建・宅地分譲、リフォーム、資産活用・戸建賃貸経営まで。暮らしを豊かに育むワンストップソリューションカンパニー

お問い合わせ窓口