テレワーク中の長時間労働やサービス残業をどう監視すればいい?

2022.03.25

テレワークは自宅でも仕事ができることから、長時間労働に陥りやすい傾向があります。このような傾向があるにも関わらず、残業を申告しづらい雰囲気があったり、テレワーク時は残業が認められていないといったケースが多く見られます。 隠れ残業は労務トラブルに発展する可能性のある労務リスクですので、必ず対策を行うようにしましょう。

テレワーク中の客観的時刻管理

出勤・退勤時刻だけでなく、PCログイン・ログオフ時刻も管理
出勤・退勤時刻だけでなく、PCログイン・ログオフ時刻も管理

企業が把握できないサービス残業を防止する対策として、出勤、退勤時刻と併せて、PCログオン、ログオフ時刻を並べて表示する機能が有効です。退勤時刻とPCのログオフ記録が異なっている「乖離時間」が発覚したら上長に自動で通知を送ります。退勤とログオフ時間が違う場合に理由を申請させる機能を併せて活用すれば、より正確な勤怠記録を残すことが可能です。また、このような表示をさせておくことで、「サービス残業」への強力な抑止力となります。

長時間労働・サービス残業の抑制

異常値があればシステムから通知
異常値があればシステムから通知

テレワークを行うと管理監督者が近くにおらず、仕事とプライベートの境目が無くなりがちです。PCログ等、客観的時刻と比較を行い、基準値を超えた場合に本人、管理者へお知らせします。

これにより、サービス残業や長時間労働の抑制を行う事が可能となります。

それ以外にも長時間労働に対するお知らせや、勤務間インターバルが確保できていない等、色々な事象に対してお知らせします。

この機能がある製品はこちら

テレワーク関連のお役立ち記事はこちら

お問い合わせ窓口