お問合わせ・資料請求

入室 システムタイムレコーダー入退室情報ターミナル 簡易認証方式 System time clock entry and exit information terminal

製品の特長

  • 1ドアからスタートし、追加増設にも簡単に対応
  • ソフトウェアなし!IDカードを鍵代わりに機器のみの運用も可能
  • 入室管理だけでなくタイムレコーダーとして出退勤データも入力できます

入室情報ターミナル「SX-F/AGX-Fシリーズ」

各種ネットワーク環境でスムーズに導入

入退室履歴(ログ)の受信、および遠隔解錠コマンドの送信などは、LAN接続やモデム通信、シリアル接続などの各種情報インフラに対応しています。

管理手法に応じた個人認証

カードを"かざす"だけの簡単運用を実現するICカード方式から、より高度な本人確認を実現する生体認証方式まで、設置場所・管理手法に応じたターミナルをラインアップしています。

入室履歴の確認

すべての入退室情報をデータベースに確実に記録し、エリアや個人毎に入退室履歴の確認が行えます。

ICカード方式 指静脈認証方式

各種シーンに展開

ドアセキュリティ:
サーバー室、重要・機密資料の保管室、薬品や危険物の保管室、ロッカーや更衣室などのドア管理に。

PCセキュリティ:
入室履歴がない場合、PCにログオンができないセキュリティソリューションの連携実現に。

各種ゲート:
不特定多数の人が出入りするロビーとオフィスの境界や、社員専用駐車場のゲート管理に。

レベルや時間帯で入室規制

IDカードを保持しない部外者の入室規制をはじめ、IDカード保持者であっても入室可否のレベルを設定することができます。また時間帯を設定して入室を規制することもできます。

パスワードの運用

4つのボタンを利用して「パスワード+IDカード」による運用ができます。IDカードのなりすまし使用防止策として活用できます。「パスワードのみ」での解錠を設定することも可能です。

シャットアウトカードの運用

全員が退室後、管理者がシャットアウトカードをかざすと、管理者が解除するまで一切の入室を規制することができます。この運用はシャットアウトカードの利用以外に、時間帯で設定することもできます。

出退勤データの入力に対応

4つのボタンに「出勤」「退勤」「外出」などを設定すれば、「入退室データ+出退勤データ」を作成できます。また、TimePro-XGシリーズのソフトウェアにこれらのデータを受信すれば、マスターを一元化したシステム構築が可能です。

※「外出」ボタンは2回押すと「戻り」ボタンとして利用できます。

時間情報事業本部 045-439-1515 月?金/9:00?12:00 13:00?17:00(祝祭日・弊社休日を除く)