お問合わせ・資料請求

「人と時間」を戦略的に活用 TimePro-VG

TimePro-VGの基本コンセプト 4つの視点

1.危機管理

コンプライアンス支援と過重労働などの事前抑止機能の強化。注意喚起する予測機能によるアラート表示。

36協定のチェック機能や過重労働時間管理など、危機管理をサポートする機能を装備しています。TimePro-VGは、Webブラウザを通じて従業員の勤務状況をリアルタイムに把握することが可能となります。

  • ●実際に超過した後の過重労働の結果ではなく、各従業員の働くペースで超過するであろう予測値をもとに、
    アラート表示します。
  • ●勤務実績などのソート機能を装備。退勤打刻を降順でソートすることにより、
    一番遅く退勤した従業員の確認ができます。

2.ワークライフバランス支援

労働環境の改善に役立つ機能を強化。

所定労働時間の短縮、休日の増加、残業手当の割り増しなどの一時的な施策にとどまらず、従業員一人ひとりが、バランスよく実現できるように支援する必要があります。
休暇管理や育児介護休業・短時間勤務やシフト変更といった管理と申請、本人や上司がリアルに確認できるといった考え方をシステムに組み込み、働き方を創造できる支援を強化しました。

3.セルフマネジメント

セルフマネジメントをサポートする情報を、トップメニューに表示することで、従業員の意識も向上。

サービス残業や長時間労働など、企業の抱える様々な労務リスクを軽減するためには、従業員の勤務状況に対する意識の向上が必要不可欠です。
TimePro-VGでは、トップメニューに本人の勤務実績や休暇の取得状況、時間外労働などをリアルタイムに表示するなど、セルフマネジメントをサポートする機能を装備しています。
これにより、従業員の勤務状況をコントロールする意識の向上をうながすことができます。

4.履歴管理

履歴管理機能により、組織の世代管理を実現。

TimePro-VGでは「過去組織」「未来組織」と言った複数世代の情報を保有することができます。
これにより未来組織の予約登録と、切り替え実施日(タイミング)の自動化や切り替え後も前所属や役職・制度による変更前の出力、照会・検索が行え、組織改編・個人情報の人事機動力を大幅に強化できます。

TimePro-VGのこだわり

全社員が毎日何度も目にするからこそ、迷いなくわかりやすいこと

トップメニューは、いつでも本人や部署メンバーの重要な就業情報や出勤状況を把握でき、迅速に遂行できるように工夫されています。

画面上でのデータ操作性(つかいやすさ)

通知・修正・ロック・在館をアイコンで表示します。

システム構成図