お問合わせ・資料請求

導入事例

川越市役所 様

ICタイムレコーダーで業務の効率化を実現

導入前:「出勤簿」で曖昧な時刻管理をおこなっていた。残業を減らすことも求められていた。 導入後:曖昧な部分を減らし、計画的な残業申請へ。意識の改革にもつながった。

千代田区 様

ICカード職員証を利用した出退管理システムにより出勤確認業務を大幅に省略化

導入前:出勤簿を勤休管理システムに反映できず二重管理。職員証と名札はカード紙を利用。耐久性や利便性に問題があった。 導入後:ターミナルの出勤記録をそのまま反映でき、業務工数を削減。ICカードで職員証と名札を併用。600名の職員の判別、来訪者との区別も容易に実現。

株式会社 古川製作所 様

人から車両のアクセスまで、トータルなICカード利用を実現。

導入前:給与計算は外部の業者へ委託。コストが高い。製造業で重要な原価計算に労務費データをスムーズに移行したい。 導入後:給与システム導入によりコスト削減。自社のペース配分で業務処理が可能。労務費など経理に渡す細かなデータも給与ソフトにスムーズにリンク。

ジェイアール西日本デイリーサービスネット 様

各個人の要望や適正にあわせた「勤務予定表」を自動作成できる就業情報システムを構築!

導入前:勤務ダイヤ(シフト)は曜日別勤務も含めると、1000種類以上。勤務予定表の作成は担当者の経験(ノウハウ)に頼る部分が大きかった。 導入後:勤務予定表の自動作成と作業の均一化を達成。大幅な作業軽減が実現。将来的には、勤務情報と売上情報を融合した人時生産性管理へのシステム拡張を目指す。

江東区 様

出勤簿の電子化でチェック作業を効率化、ICカード職員証でスマートな運用を実現

導入前:毎日3,000名を超える職員の出勤簿チェック。手間と苦労の多い作業で困っている。長時間労働の抑止も難しい。 導入後:職員証をカードリーダーにタッチするだけの簡単操作。稼動時からスムーズな運用。日々の確認が可能になり、早い時点で長時間労働抑止の判断が可能。

農林漁業団体職員共済組合 様

事務所の移転に伴い、ICカードと生体認証(指静脈)を組み合わせた個人認証でセキュリティを強化

導入前:出退勤の報告は各自のパソコンから。入室権限がある人のみセキュリティ専用のカードを携行して入退室管理。 導入後:ターミナルの設置でリアルタイムに出退勤データを管理。タイムレコーダーで入退室管理も簡単に実現。

志木市役所 様

出勤簿の電子化で出退勤データを有効活用

導入前:出勤簿による管理で出退勤時刻の記録が残せない。今誰が庁舎内にいるのかわからない。 導入後:正確な出退勤時刻を記録・把握し、勤務の見える化を実現。災害時の職員の在庁状況をスピーディに把握。

時間情報事業本部 045-439-1515 月?金/9:00?12:00 13:00?17:00(祝祭日・弊社休日を除く)